食いしばり・噛みしめ・歯ぎしりの整体や治療、原因や対策について

こんにちは。大阪南森町・北浜エリアの整体院「はり灸整体治療院すずらん」院長 こうのです。

私は、18歳で治療院業界に入り、20年以上、心身の不調にお悩みの方と向き合ってきました。こりや痛みだけでなく、近年、食いしばりや噛みしめ、歯ぎしりをはじめとする自律神経症状にお悩みの方も多く臨床経験を積み上げてきました。

ここでは当院における食いしばり・噛みしめ・歯ぎしりについての捉え方や対処法、整体による治療について解説していこうと思います。

食いしばり・噛みしめ・歯ぎしりとは

「歯ぎしり」や「食いしばり」は、上と下の歯をギリギリと強くこすり合わせるような動きや、ぎゅっと強くかみしめる悪習癖のことを指します。

特に睡眠中の過度な噛みしめや歯ぎしりは、睡眠時ブラキシズムは、国際睡眠関連疾患分類で睡眠関連運動異常症に分類され、「過度の覚醒活動に関連する睡眠中の歯のグラインディングまたはクレンチングを特徴とする口腔異常機能」と定義されています。

食いしばり・歯ぎしりの症状

食いしばり・歯ぎしりの症状についてご紹介していきます。

臨床上よくある症状の一例としては、

・気づくとあごに力が入って、噛みしめている

・以前から食いしばりが気になっている

・もう何年も歯ぎしりが続いている

・歯医者で奥歯がすり減っていると言われた

・いつも上下の歯が触れ合っている

・歯ぎしりのせいか、寝起きにアゴが疲れている

・熟睡感がなく、寝ても疲れがとれない

・家族に就寝時の歯ぎしりを指摘される

・力を抜くのが苦手

・ストレスが溜まるとまぶたがピクピクする

・よく頭痛がでる

・マウスピースを付けて寝るのがストレス

・できるだけ歯を大事にしたい

などのものが挙げられます。

食いしばりや歯ぎしりには、他にも様々な症状がありますが、似たようなお悩みを抱えている方がたくさんおられます。

特に食いしばりや噛みしめにお悩みの方はクリニックや病院で相談するも「精神的ストレス」や「癖」といわれ、歯医者でスプリント療法(マウスピース)を提案されていたり、すでにマウスピースを使用している方も多いです。

そんな対症療法で、ひとまずその場を凌いでいるものの、根本的に何かよくなる方法はないかと悩まれていた方が当院に通院されています。

歯医者での、歯の負担を減らすためのマウスピースは、もちろん素晴らしいものですが、食いしばりや顎関節の問題を、癖でかたずけてしまうのは、少々危険ですし、とてももったいないことです。

歯の専門は歯医者であっても、顎関節の問題を顎関節だけが原因ではないことがほとんどです。顎関節も身体全体の一部であって、全身の姿勢や自律神経が関与します。症状が起きている原因や対策を知ることで、食いしばり・噛みしめ・歯ぎしりの症状は改善のサポートができると考えています。


病院や歯医者での診断、治療について

臨床上よくある食いしばり、歯ぎしりの原因

当院での食いしばり、歯ぎしりの整体

※記事編集中です

2024年6月8日